【オフロードバイク乗り必見】トランポで大活躍!おすすめの便利カスタム10選

【オフロードバイク乗り必見】トランポで大活躍!おすすめの便利カスタム10選オフロードバイク
【今回のお悩み相談】

・トランポの使い勝手が良くなるカスタムを知りたい

・バイクの休憩時に役立つトランポグッズが知りたい

・トランポに積んでおくと捗るアイテムが知りたい



トランポはちょっとしたひと手間をかけるだけで、使い勝手が飛躍的に向上します。

バイクの積み込み、収納、休憩時などをさらに快適にすることができます。

そして、トランポはまさに男の隠れ家的存在。

所有感をグングン満たしてくれます。

本記事の内容

今回は、より楽しく快適にトランポライフを送れるためのカスタムを紹介します。

この記事を読めば、バイクに乗るのが更に楽しみになること間違いなし!

1. ホイールチョック|バイクの固定がたった1秒!

体が疲れた状態でバイクを積み込むのは、なかなか骨の折れる作業。

そんな積み込みを楽にしてくれるのが「ホイールチョック」。

積み込んだ時にフロントタイヤが収まる位置にセットするだけ。

フロントタイヤが簡易的に固定されるため、タイダウンベルトをかけるのがとっても楽。

フロントタイヤがホイールチョックに引っかかるため、簡易的に自立可能!

DRCなら、オフロードとオンロードの両方のバイクに使えて、さらにキャンプなどバイク以外の用途にトランポを使うときには、なんと取り外しも可能。

積み込みを楽にするには必須のカスタムです。

2. ハンガーレール|モトクロスジャージ や帽子がかけ放題!

トランポのカスタムでほぼ全員がやっているであろうハンガーレールのカスタム。

取り付けは簡単で、レールとなるパイプを専用のクランプで挟むだけ。

  • ウェアー
  • 帽子
  • ヘルメット
  • タイダウンベルト

など、いろいろな物を引っ掛けることが可能。

強度はあまり高くなので、バイクを固定するためにタイダウンベルトの支持に使うのはやめておきましょう。

バイクを積み込むのに邪魔にならない収納を作るのに、ハンガーレールは必須のカスタムと言えるでしょう。

内装に取り付けるクランプとパイプがセットになっているものであれば、取り付けも簡単。

クランプの径と、パイプの径を間違えたなんてことも未然に防げます。

3. 遮熱マット|防犯と断熱の両刀使い

遮熱マットは、防犯と断熱の両方の役割を果たしてくれます。

トランポによく使われる車種として

  • ハイエース
  • キャラバン
  • バネットバン
  • サンバー
  • ステップワゴン

などがありますが、ハイエース・キャラバンについては盗難被害が多い車種。

中が見えることによって、盗難の可能性が高くなることは避けたいとこですね。

また、遮熱マットは文字通り、断熱材をしようしていることから、夏は遮熱、冬は断熱効果があります。

オイル、ケミカル、ガソリンなどを積んでいることが多いトランポなため、室内の温度が異常にならないようにカスタムしておきたいですね。



〜 ハイエース用 〜



〜 キャラバン用

4. サイドオーニング|日除けや雨の日、キャンプに大活躍!

雨の日や真夏に大活躍間違いなしのサイドオーニング。

レースや遠征においては、急に天気が悪くなったり、そもそも雨の中のレースもあります。

準備やレース後の着替えをするのにハッチだけでは少し手狭…

もう少し広い屋根があれば…

なんて方にはサイドオーニングは最高の相棒となってくれます。

価格は比較的、高めですがトランポはそう簡単に乗り換えるものでもないので、長い目で見ればかなりコスパのいいカスタムと言えます。

5. ベッドキット|遠征時の必須アイテム!次の日に疲れを残さない

遠征するライダーにベッドキットは必須カスタム。

レース会場まで距離がある場合、前日入りして前夜祭を楽しむことも。

また、せっかく遠方まで来たのであれば2DAY楽しみたいですね。

おすすめのベッドキットは、跳ね上げタイプ。

使わないときは跳ね上げておけば、ガラスを守るガードと目隠しの役割も果たします。


6. カーテン|冷暖房効率アップと臭い対策

冷暖房の効率を上げる効果と、ガソリンやオイルのにおい対策として荷室を区切るカーテンの設置がおすすめです。

ハイエースやキャラバンの場合、運転席と荷室でかなりの広さがあります。

運転席に冷暖房を効かせるのに、車全体を冷やすのは非効率。

カーテンを利用して、乗車エリアと荷室を分けることで、冷暖房の効率が飛躍的に上がります。

また、カーテンは臭い対策にもなります。

どうしても、バイクを積むとオイルやガソリンの臭いが充満してしまいます。

臭いに敏感な人はカーテンをつけるだけで、思った以上に臭い対策になります。

7. ラダーレール|DRCなら絶妙な角度で積み込みが超楽!

ラダーレールを選ぶポイントは3つ。

  • バイクを積み込むのに無理がない長さ
  • 持ち運びが手軽にできる軽さ
  • 場所を取らないように収納できるか

一番お勧めなのがDRCのラダーレール。

はしご状になっているため、足を滑らせたりすることもありません。

また、折り畳み式で長さもあるため収納したときにスペースを取りません。

DRCのラダーレールは、積み込むときの角度が絶妙で、最初はちょっと勾配がきつく、そのあとが緩やかな設計。

このため、勢いをつけた力でバイクを登らせて、自力で押さなければいけない高さは緩やかなので、力が少なくて済みます。

DRCは使い勝手がいいラダーレールなため、おすすめです。

8. アームレスト(コンソールボックス)|長距離運転が飛躍的に楽に!収納力もアップ

長時間の運転にレストアームは外せません。

これがあるだけで、運転がかなり楽になります。


取り付けも簡単で、運転席とコンソールボックスの間に差し込むだけ。

小物入れもついているので、ちょっとした物が収納できるは、かなり重宝します。


カラーもレッド、ブラックの2色展開で雰囲気に合わせたチョイスができます。

内装のドレスアップにもなって、長距離運転が快適になる最高のカスタムです。

9. ポータブルバッテリー|趣味と防災の両方の味方!

今や、一家に一台といっても過言ではないポータブルバッテリー。

使い道は

  • 夏場の扇風機
  • 冬場の毛布
  • スマホの充電
  • ライト
  • ミニ冷蔵庫

トランポ生活には必須のアイテムです。

バイクに乗る以外でも防災用品としても使えるので、趣味使いつつ更に非常時にも役立つ最高のお供です。

10. カセットコンロ|キャンプにも使えて超便利!

トランポ生活を送っていいる人の9割は持っているであろうカセットコンロ。

使い方は様々。

  • コーヒー
  • お湯
  • ホットサンド
  • ちょっとした料理

など、使い方は無限大。

個人的にはバイクに乗りながら飲める冬場のコーヒーなんて最高です。

カセットコンロで有名なIWATANIのタフ丸Jrは、コンパクトで場所を取らずに安定した火力が持ち味。

かなりオススメのカセットコンロです。

バイクだけでなく、キャンプにも使えて一石二鳥。

11. まとめ|トランポカスタムはバイクがもっと楽しくなる!

おすすめのトランポカスタムを紹介しました。

  1. ホイールチョック
  2. ハンガーレール
  3. 遮熱マット
  4. サイドオーニング
  5. ベッドキット
  6. カーテン
  7. ラダーレール
  8. アームレスト
  9. ポータブルバッテリー
  10. カセットコンロ


バイクに乗るだけでなく、道中や休憩時が更に楽しくなるトランポ生活。

自分にあったカスタムでさらにバイク生活を充実させましょう。

タイトルとURLをコピーしました