バイクライフ

【林道最強】トリッカーをフルサイズ化|オフロード入門のカスタム方法【虎の巻】

  • 市販車で林道を楽しめるバイクが知りたい
  • トリッカーをフルサイズ化する方法を知りたい
  • フルサイズ化するときのオススメのカスタムが知りたい
  • エンデューロ入門にトリッカーはオススメ?

そんな疑問を持ってるオフロードライダーの悩みを解決します。

GAO RIDER

私自身、トリッカーをフルサイズ化し、林道ツーリングやエンデューロレースに参戦していました。

その経験を生かし、フルサイズ化する時に必要なカスタムパーツと、注意しなければいけないポイントを紹介します。

現在、トリッカーに乗っている人、これからトリッカーに乗ろうと思ってる人に参考になるはずです。

トリッカーはフルサイズ化することで、一気にポテンシャルが上がります。

フルサイズトリッカーとは

tricker-XG250
フルサイズトリッカーとは

ホイールベースが狭いミドルサイズのトリッカーに、オフロード専用タイヤが履けるように、

  • フロントホイール:19インチ → 21インチ
  • リアホイール  :16インチ → 18インチ

にインチアップするカスタムのこと。

トリッカーのフロントフォークとスイングアームは、セロー225/250と互換性があり、足回りの流用が可能。それを利用して、セローと同じエンジンで、軽くて扱いやすい新しいオフロードバイクを作ろうと偉い人が考えたカスタムです。

ワイズギアが発売している、セロー250の前後ホイールアッシーとスプロケットがあれば、特殊な加工なしにフルサイズ化が可能です。

しか先輩

特殊な加工なしにカスタムできることが最大の魅力です!

セロー225とセロー250ではリアスプロケット部分の取り付け形状が異なります。

  • セロー225のホイールを使うのであれば、セロー225のリアスプロケット
  • セロー250のホイールを使うのであれば、セロー250のリアスプロケット

を使用すると簡単に取付ができます。

※セロー250のホイールに、セロー225のスプロケットを使用することも可能です。そのためには、以下の変換アダプターが必要です。

セロー250用のスプロケットは値段が高いため、流用がきくセロー225用のスプロケットを使うのがオススメ。

スプロケットは消耗品だし、セッティング変更でサイズを変えたりします。

GAO RIDER

なるべく、トータルコストを安くしたければ、『変換アダプター + セロー225用のスプロケット』にしましょう。

トリッカーをフルサイズ化するために最低限 必要なカスタム

YAMAHA セロー のホイールを流用してインチアップ

tricker-wheel

ホイールの入手方法は以下の2つ

  • ワイズギアから発売されている「セロー250」のホイールアッシーを購入
  • ヤフオクで 「セロー225/250」 のホイールを探す
GAO RIDER

おすすめは、ワイズギアのセロー250のホイール。

中古のホイールは、ハブベアリングが固着して回らなかったり、スポークが歪んでいるなど、写真を見ただけでは判断できない不具合があります。

しか先輩

セロー250は林道でも使用されていることが多いので、どんな状態のホイールか見極めるのが非常に難しいです。

スポークを張り直したり、ベアリングの打ち替えができる人以外は、ワイズギアから出ている、セロー250のホイールアッシーの購入がオススメです。

>> ワイズギア セロー250 のホイールアッシーのレビューを見る

ワイズギヤのホイールであれば、

  • ブレーキディスク(フロント、リアそれぞれ)
  • スプロケット 48T(リアホイールのみ)

がセットです。

フロントのブレーキディスクはトリッカーの物を使用します。

※トリッカーとセローでは、フロントのブレーキディスクのサイズが異なります。

スプロケットとチェーンを交換

ホイールのサイズが変わったときに必ず必要なカスタムが、スプロケットとチェーンの変更です。

ホイールサイズが大きくなったにもかかわらず、トリッカー純正のスプロケットのままだと、低速域が使い物になりません。

GAO RIDER

オフロード走行を目的としてのカスタムなので、低速域が非常に重要です。

オススメのスプロケットのサイズは

  • ドライブスプロケット(フロント):14T
     ※ 小さいほどローギア
  • ドリブンスプロケット(リア)  :55T
     ※ 大きいほどローギア 

かなりローギアなセッティングですが、ハードな林道にも十分対応できるセティングです。

F:14T、R:55T で公道を走ると、最高速度が法定速度並みしかでなくなります。

公道走行を考えるのであれば、F:14T R:52T くらいで様子をみても良いかも知れません。

>> セロー250 のスプロケットを探す

また、リアのスプロケットのサイズが大きくなることから、チェーンの交換も必要。

  • 純正チェーン:チェーンサイズ 428、124コマ
  • 変更推奨チェーン:チェーンサイズ 428、130コマ

オススメはD.I.D(大同工業)のシールチェーン。

しっかりメンテナンスすれば、かなり長寿命。

GAO RIDER

国産のため、品質も高く安心して使えます。

フロントフェンダーの高さを上げる

引用元:自然山通信

フロントホイールが19インチから21インチになると、フロントフェンダーにタイヤが干渉します。

このため、フロントフェンダーを上にオフセット(調整)する必要があります。

トライアルバイクに強いMITANI Moter Sports 神戸店」から、「ヤマハトリッカー用トライアルフロントフェンダーKIT」 が発売されています。

これが、とっても良い。

GAO RIDER

スタビライザーとフェンダーがセットで、スタビライザーのおかげでフロント周りの剛性が飛躍的に上がります。

>>「ヤマハトリッカー用トライアルフロントフェンダーKIT」を見る(外部リンク:「MITANI Moter Sports 神戸店」)

トリッカーをフルサイズ化したときに併せてすべきカスタム

レバーを守るためにハンドガードを付けよう

ハンドガードには2つの意味があります。

ハンドガードをつける意味
  • 転倒時にレバーが折れるの防ぐため
  • 自分の手を守るため

クラッチレバーが折れると、最悪の場合、走行できなくなる可能性があります。

また、転倒時に木や岩とレバーの間に指を挟んだりすると、骨折の危険もあります。

鹿先輩

バイクは簡単に直せても、ケガは簡単に治りません。

ハンドガードは、オフロードバイクに乗るのであれば、絶対に必要なカスタムです。

オススメのハンドガードは『ZETA(ジータ)』軽いのにとっても頑丈。

GAO RIDER

ハンドガードの安物は、すぐに曲がったりするので、やめた方が無難です。

オフロード用のハンドルにカスタム

トリッカーの純正ハンドルは、オフロード走行に向いていません。

純正ハンドルは曲がりやすく、スタンディングのポジションに合わない。

モトクロスやエンデューロ、トライアルで使われるレンサル、プロテーパーなどのハンドルに変えることをお勧めします。

GAO RIDER

ハンドルは高さ・幅など、かなり好みが分かれます。色々試してみるのもオフロードバイクの醍醐味です。

とりあえず最初にどれを選んだら良いか分からなければ、「レンサル Trial Bar」 がオススメです。

そのままだと、かなり幅広なため、体型やポジションに合わせて カットしましょう。

ハンドルカットには、「SK11」のパイプカッター がおすすめ。

トリッカーをフルサイズ化する メリット

フルサイズ化のメリット
  • リアタイヤにIRCツーリストが履ける
  • 最低地上高が上がる
  • ホイール系が大きくなり、難所を超えやすくなる
  • トリッカーがかっこよくなる(玄人感が出る)
  • 高年式バイクでオフロード走行を楽しめる

費用はかかりますが、公道が走れて、林道も楽しめる高年式のバイクは、かなり限られています。

GAO RIDER

トリッカーは「セロー225に変わるオフロードバイクになるのでは?!」と思っています。

バイクを保管するためのトランクルームを徹底比較!おすすめ3選トランクルームは会社によって利用開始までの期間や、利用方法が様々。借りてみたら、こんなはずじゃなかった!なんてことにならないよう、比較することが大切です。本記事では、バイク保管を目的としたトランクルームを厳選して3社紹介します。この記事を読めば、あなたの愛車を大切に保管できるトランクルームをみつけることができます。...

トリッカーをフルサイズ化する デメリット

フルサイズ化のデメリット
  • スピードメーターが狂う
  • 足つきが悪くなる
  • スプロケットのセッティングによっては、公道ツーリングがきつい
GAO RIDER

林道を走ることがメインのため、スピードメーターなんて○りです。
(おい!)

そして、インチアップすることから、足つきが悪くなります。しかし、逆を返せば最低地上高が上がります。林道では、最低地上高が低いと、段差が超えにくいなどのデメリットになります。

つまり、足つきの悪さの反面、メリットにもなる部分です。

エンデューロ入門にはフルサイズトリッカーが最強

フルサイズトリッカーは、セロー225に変わる、林道におすすめのオフロードバイクだと思います。

すこし、カスタムする手間はかかりますが、かなり走行性のは高いです。

GAO RIDER

ミドルサイズの車体なため、取り回しがしやすく、まさに入門には最適です。

ぜひ、トリッカーをオフロード仕様にして、林道やレースを楽しんでください!