タブリス(TUBLISS)でタイヤをチューブレス化【Gen2.0】

タブリス(TUBLISS)タブリス(TUBLISS)で最高のグリップを手に入れる!オフロードバイク

チューブホイールをチューブレス化できるTubliss Gen2.0(タブリス)。

チューブレス化することで、タイヤの空気圧を極限まで落とすことができ、難所でタイヤの力を最大限に発揮させることができます。

もし、あなたがエンデューロレースに出る予定があるのなら、タブリスはオススメです。

1.オフロードバイクにおすすめする『TUBLISS(タブリス)』とは

タブリス(TUBLISS)で最高のグリップを手に入れる!

タブリスは、チューブホイールをチューブレス化できるカスタムパーツ。

タブリス本体を、ホイールのセンターに巻きつけて、スポークの穴を塞いで、チューブホイールをチューブレス化します。

タブリス本体の外側と、タイヤの内側で空気層を作り、タイヤの空気圧を調整する仕組みです。 

タブリス(TUBLISS)

タブリス本体の中に入っている「インナーチューブ」に「約8〜10kgf/cm2」の高圧の空気を入れることで、中からタイヤのビードを押し付けます。

この仕組みが、チューブレス化とタイヤのリム落ちを防いでくれる役割を担っています。

空気圧をゼロにすると、びっくりするくらいグリップします。

>>オフロードバイクにおすすめのタイヤ4選!【用途別まとめ】

2.ビードストッパーとの違い

タブリスもビードストッパーも、「タイヤがリムからずれないようする」という目的は同じ。

明確に違うのは、止め方。

ビードストッパーは、つけている場所だけで固定しますが、タブリスは全周で固定。

どちらの方が、ずれに強いか差は歴然ですね。

タブリスを入れるとタイヤ交換がとっても楽。

>>オフロードバイク初心者におすすめ!「林道に持っていくと捗るアイテム」

3.オフロードバイクにオススメするTUBLISS(タブリス)のメリット

・タイヤ廻りの軽量化ができる

 よく車でバネ下の軽量化は10倍の効果があるなんて話もあるくらい、足回りの軽量化は性能に直結します。

・リム打ちでのバンク防止

 チューブタイヤのパンクの原因で、もっとも多い理由はリム打ちによるパンクです。

 タブリスでチューブレス化すれば、チューブがないので、リムうちによるパンクの心配がありません。

・パンクしても大丈夫

 タブリスのインナーチューブがパンクしなければ、履いてるタイヤがパンクしても、走行可能。

 むしろ、この状態が一番グリップします。

 コンディションが悪くて、今まで登れなかった場所が ゼロ気圧にした瞬間、グリップしまくるなんてことも

>>オフロードバイクの空気圧|タイヤの空気圧で走りが劇的に変わる

・タイヤ交換が楽

チューブタイヤのタイヤ交換で一番大変なのが、「チューブを噛まないようにタイヤを組み込む」こと。

これが慣れるまで神経を使います。

タブリスの場合はチューブがないので、サクサク交換が可能

4.オフロードバイクにオススメするTUBLISS(タブリス)のデメリット

・ちょっと値段が高い

 タブリスの価格:約17,000円

 ヘビーチューブ(IRC18インチ)の価格:2,400円

 

価格差、ヘビーチューブの7倍。

ちょっとびっくりする価格差。

この価格差をどう見るかは、使い方次第。

5.オフロードバイクにオススメするTUBLISS(タブリス)のまとめ

最大のメリットは、パンクしても走れるということ。

林道でのパンクはよくあること。

その場でパンク修理をするか、パンクしないカスタムをするか。

パンクはレース中にも起こり得ること。

レース中にパンクしたら、もうリタイアしかありません。

空気圧をバンバン落として、鬼グリップで遊べるTUBLISS(タブリス)

お値段以上、オススメです。

>>タブリス (TUbliss)のレビューを見る

タイトルとURLをコピーしました