タブリス(TUBLISS)でタイヤに最高のグリップを手に入れろ!

タブリス(TUBLISS)タブリス(TUBLISS)で最高のグリップを手に入れる!車・バイク

オフロードバイクの走行に慣れてくると、より高いパフォーマンスを求めたくなるもの。

 

特に、タイヤはかなり重要ですね。

 

タイヤの銘柄でも走りに大きく影響し、更には空気圧でもグリップが左右されます。

 

 

しかし、空気圧を下げてグリップを良くしたい反面、パンクにも悩まされる。

 

空気圧の抜きすぎによるリム打ちなど、タイヤに関してはいい意味でも、悪い意味でも悩みは尽きない。

そこがオフロードバイクの楽しいとこなんですけどね。

 

 

今回はタイヤに関する悩みを解決しちゃう、スペシャルアイテムの『タブリス(TUBLISS)』を紹介します。


 

1.オフロードバイクにおすすめする『TUBLISS(タブリス)』とは

タブリス(TUBLISS)で最高のグリップを手に入れる!

簡単に言うと、チューブタイヤのチューブレス化。

 

タブリス本体を、ホイールのセンターに巻きつけて、チューブホイールをチューブレス化できるパーツ。

 

 

どんな仕組みか解説します。

タブリス本体の外側と、タイヤの内側で空気層を作り、タイヤの空気圧を調整する仕組み。 

タブリス(TUBLISS)

タブリス本体の中に入っている「インナーチューブ」に「約8〜10kgf/cm2」の高圧の空気を入れることで、中からタイヤのビードを押し付けます。

 

この仕組みで、タイヤがリム落ちするのを防いでくれます。

 

>>オフロードバイクにおすすめのタイヤ4選!【用途別まとめ】

2.ビードストッパーとの違い

タブリスもビードストッパーも、「タイヤがリムからずれないようする」という目的は同じ。

明確に違うのは、止め方。

 

ビードストッパーは、つけている場所だけで固定しますが、タブリスは全周で固定。

どちらの方が、ずれに強いか差は歴然ですね。

 

>>オフロードバイク初心者におすすめ!「林道に持っていくと捗るアイテム」

3.オフロードバイクにオススメするTUBLISS(タブリス)のメリット

・タイヤ廻りの軽量化ができる

 よく車でバネ下の軽量化は〇〇倍の効果があるなんて話もあるくらい、足回りの軽量化は性能に直結。

・リム打ちでのバンク防止

 チューブタイヤの泣き所のリム打ちパンク。

 チューブレス化すれば、チューブがないのでパンクしません。

・パンクしても大丈夫

 タブリスのインナーチューブがパンクしなければ、履いてるタイヤがパンクしても、走行可能。

 

 むしろ、この状態が一番グリップします。

 コンディションが悪くて、今まで登れなかった場所が ゼロ気圧にした瞬間、グリップしまくるなんてことも

>>オフロードバイクの空気圧|タイヤの空気圧で走りが劇的に変わる

・タイヤ交換が楽

チューブタイヤのタイヤ交換で一番大変なのが、「チューブを噛まないようにタイヤを組み込む」こと。

これが慣れるまで神経を使います。

 

タブリスの場合はチューブがないので、サクサク交換が可能

 

 

4.オフロードバイクにオススメするTUBLISS(タブリス)のデメリット

・ちょっと値段が高い

 タブリスの価格:約17,000円

 ヘビーチューブ(IRC18インチ)の価格:2,400円

 

価格差、ヘビーチューブの7倍。

 

ちょっとびっくりする価格差。

この価格差をどう見るかは、使い方次第。

 


5.オフロードバイクにオススメするTUBLISS(タブリス)のまとめ

 

最大のメリットは、パンクしても走れるということ。

林道でのパンクはよくあること。

その場でパンク修理をするか、パンクしないカスタムをするか。

 

 

パンクはレース中にも起こり得ること。

レース中にパンクしたら、もうリタイアしかありません。

 

 

空気圧をバンバン落として、鬼グリップで遊べるTUBLISS(タブリス)

お値段以上、オススメです。

>>タブリス (TUbliss)のレビューを見る


コメント

タイトルとURLをコピーしました