インジェクション化された 新型『CRF125F』|エンデューロが楽しくなること間違い無し!

オフロードバイク

HONDAから発売されているCRF125F

このCRF125Fは、ちょっと激しい(かなり激しい)林道を楽しみたい人や、クローズドコースで楽しみたいという人には、間違いなく選択肢に入れてもらいたいバイク

今回は

・これからエンデューロレースに出たい

・ちょっとハードな林道を走りたい

・周りにオフロードバイクに乗っているうまい人たちがいて、一緒に林道やレースを楽しみたい

・オフロードバイクがうまくなりたい

そんなあなたに向けて、CRF125Fのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

バイク王はご自宅までバイクの無料出張買取!書類手続きも無料で代行します!

スポンサーリンク

1.CRF125Fとは

CRF125FHONDAから発売されている125CCのレーサー。


引用:HONDA HP

レーサーと聞くと、ハードルが高いように思えるが、125CC4空冷ストロークエンジン。

低速トルクがモリモリで、アクセルを思いっきり開けても、不用意にすっ飛んでいくようなパワーはない。

とても、扱いやすいバイク。

一般車両の125CCよりアクセルのツキが良いため、段差を越える時はとても有利。

ホイールがフロント19インチ、リア16インチ。

フルサイズのオフロードバイクはフロント21インチ、リア18インチのためワンサイズ小さい車両です。

ホイールがワンサイズ小さく、足つきがバツグン!

エンデューロでも人気の理由ですね。

2.進化したCRF125F

・キャブからインジェクションに変更

キャブからインジェクションに変更されたCRF125F

インジェクション化されたことにより、エンジンの始動性が飛躍的に向上

エンストすることが多いエンデューロでは、始動性の良さは大きなメリットです。

・リアテールの変更

旧モデルに比べ、リアテールがストレート形状になり、よりレーサーなイメージに

また、デカールも変更され、GASGASを連想させるスタイリッシュなレッド。

前のモデルに比べると、かなりカッコよくなっていますね!

セカンドバイクにもオススメです。

3.CRF125Fのメリット

3−1.なんといっても軽い!(88kg)

オフロードバイクに乗る上で、まず、これが最大のメリット。

どのくらい軽いかというと、大人気のセロー250が約130kg

88kgというと、トライアルバイク並みに軽い。

これが転倒した時の引き起こしや、不整地での取り回しに大いに貢献してくれる。

林道やコースを楽しみたいと思いきや、転倒の引き起こしで体力が奪われ、修行のようになってしまい楽しくなくなってしまう。

そんなこととは無縁の軽さである。

88kgは軽すぎる!

オフロードバイクは軽さが正義!

3−2.粘り強い低速域と足つきの良さ

林道やエンデューロコースでは難所と言われるハードな場所も。

高速でかっ飛ばすというよりも、デロデロと低速域で進んでいくことが多いです。

低速の力強さと足つきの良さが恩恵となりますね。

3−3.セルスターターが付いている

この手のバイクの場合、キックスターターオンリーが多いです。

しかし、このCRF125Fセルスターターとキックの両方が付いています。

エンストした際に毎回キックスタートは、なかなかシンドイ。

バッテリーもリチウムイオンバッテリーに変更すればさらなる軽量化が可能。

>>バイク用リチウムイオンバッテリー【使わないと損するカスタムパーツ間違いなし!】

3−4.販売価格が安い

なんと、税込 346,500円。

新車でこの価格で乗れるレーサーで、尚且つ乗りやすく、バイク性能も高い。

まさにエンデューロ入門にもってこいです。

リセールスも良いので、入門用としては本当にオススメ。

3−5.車体が小さい

これは取り回しのし易さだけではない。

基本的にレーサーのため、トランポでの移動がメイン。

フルサイズのオフロードバイクの場合、トランポのサイズも気になるところ

しかし、この小柄なCRF125Fは、ヴォクシーやステップワゴンでも積み込むことが可能。

ハイエースやキャラバンを選ぶ必要はありません。

4.CRF125Fのデメリット

4−1.小さい燃料タンク

レーサーのため、燃料タンクが小さめの3.7L

もともと4ストローク 125CCのため、2ストロークレーサーよりも燃費は良いが、林道で遊ぶには予備のガソリンを持っておくこと。

4−2.高速域のパワー不足

250CCのバイクや、同クラスの2ストロークバイクに比べると、どうしてもパワー不足は否めない

ヒルクライムをバンバン登りたいとか、モトクロスコースでジャンプしたいとか、そういった用途には向きません。

4−3.公道を走るにはちょっとカスタムが必要

基本的に行動走行が不可なバイク。

一般車両に比べ、長距離を継続して走ることに特化しているものではない。

もし公道走行したい場合は、調べてみると何かヒントが見つかるかもしれません。

5.CRF125Fにまず最初につけた方がいいオススメのパーツ

5−1.ビートストッパー(リムストッパー)

オフロード走行をする際には、空気圧を落とすことになる。

ビートストッパーをつけないで空気圧を落とすと、タイヤが回転に負けてずれてしまい、パンクの原因になる。

必ずつけることをお勧めします。

>>オフロードバイクの空気圧|タイヤの空気圧で走りが劇的に変わる

5−2.アンダーガード

純正の状態でもアンダーガードは装備されているが、サイドの守りが少々不安。

エンジン下は岩や倒木にぶつけることが多い。

そして、特にセルモータが危険。

鋭利な石にセルモーターをぶつけた場合は、なかなかお財布痛い金額が飛んでいくので、社外品に変えることをお勧めします。

5−3.ハンドガード

転倒の際に、レバーやスロットルホルダーを破損する可能性が高い。

これを守ってくれるのがハンドガード。

>>オフロードバイクのハンドガード【オススメの取り付け方法】

6.CRF125Fのまとめ

これから林道を攻めたり、エンデューロレースに出たいと思っているあなたに、CRF125Fは間違いなく、お勧めできるバイクの一台。

レースに出たい、ウイリーの練習したなんて、ある程度バイクをうまくなりたい。

性能が低いバイクで練習して、できた感覚を覚えなければ、なかなか上達しない。

上達する近道は、やりたいことができる性能があるバイクで、できるだけ早く感覚をつかむこと。

足つきの良さ、扱いやすいパワーが恐怖心を和らげてくれます。

このCRF125Fは、そういった意味ではライダーを成長させてくれるバイクと言えます。

タイトルとURLをコピーしました