バイクライフ

インジェクション化された 新型『CRF125F』|初心者にオススメのエンデューロ入門バイク

HONDAから発売されているCRF125F

このCRF125Fは、ちょっと激しい(かなり激しい)林道を楽しみたい人や、クローズドコースで楽しみたいという人には、間違いなく選択肢に入れてもらいたいバイク

今回は

  • これからエンデューロレースに出たい
  • ちょっとハードな林道を走りたい
  • 周りにオフロードバイクに乗っているうまい人たちがいて、一緒に林道やレースを楽しみたい
  • オフロードバイクがうまくなりたい

そんなあなたに向けて、CRF125Fのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

HONDA CRF125Fとは

CRF125FはHONDAから発売されている125CCのレーサー。

引用:HONDA HP

レーサーと聞くと、ハードルが高いように思えますが、CRF125Fは『125CC 4空冷ストロークエンジン』。

とても扱いやすいバイク。

公道走行を想定している125CCのバイク(競技用バイクではないもの)に比べると、アクセルのレスポンスが良いため、乗っていてとても楽しいバイク。

例えば、段差を越える時や、フロントアップ、アクセルターンなど、瞬発的にパワーが欲しい乗り方がしたいときには、バイクが思うように動いてくれます。

GAO RIDER

最近は、ハードエンデューロでCRF125が人気。

CRF125Fには、IRCから発売している『ix09W GEKKOTA(09ゲコタ)』がオススメ。

タイヤサイズは、18インチだけでなくCRF125Fにも履ける16インチもラインナップされています。

【インプレ】ix09W GEKKOTA(ゲコタ) はエンデューロ最強!ガミータイヤの王様を5本履いた徹底レビュー! 鹿先輩 レースで勝てるオフロードバイクのタイヤが知りたい難所でハマらないオフロードバイクのタイヤが知りたいix-09W GEKKOTA...

進化したCRF125F

キャブからインジェクションに変更

キャブからインジェクションに変更されたCRF125F

インジェクション化されたことにより、エンジンの始動性が飛躍的に向上

GAO RIDER

キャブ車は、どうしても転んだ後の始動性が悪くなりがち。

インジェクションであれば、すぐにエンジンがかかり安心です。

バイクを保管するためのトランクルームを徹底比較!おすすめ3選トランクルームは会社によって利用開始までの期間や、利用方法が様々。借りてみたら、こんなはずじゃなかった!なんてことにならないよう、比較することが大切です。本記事では、バイク保管を目的としたトランクルームを厳選して3社紹介します。この記事を読めば、あなたの愛車を大切に保管できるトランクルームをみつけることができます。...

リアテールの変更

旧モデルに比べ、リアテールがストレート形状になり、さらにレーサーなイメージに

また、デカールも変更され、GASGASを連想させるスタイリッシュなレッド。

GAO RIDER

前のモデルに比べると、かなりカッコよくなっていますね!

セカンドバイクにもオススメです。

【オフロードバイク乗り必見】トランポで大活躍!おすすめの便利カスタム10選
【オフロードバイク乗り必見】トランポで大活躍!おすすめの便利カスタム10選 トランポの使い勝手が良くなるカスタムを知りたいバイクの休憩時に役立つトランポグッズが知りたいトランポに積んでおくと捗るアイテムが知り...

CRF125Fのメリット

なんといっても軽い!(88kg)

CRF125Fは、なんと車両重量が『88kg』。トライアルバイク並みの軽さです。

オフロードバイクは、車体が軽いことが最大のメリット。

GAO RIDER

どのくらい軽いかというと、大人気の「セロー250」が 約130kg。

車体が軽ければ、転倒した時の引き起こしや、不整地での取り回しが、とっても楽。

林道やクローズドコースで、転んだ後の引き起こしで体力が奪われ、修行のようになってしまうことも。

CRF125Fの軽さであれば、フルサイズに比べると、10倍楽です。

メンテナンススタンド
オフロードバイクのメンテが超簡単に!|オススメのメンテナンススタンド【3選】 メンテナンススタンドって沢山種類があるけど、どれを選んだら良いか分からない!メンテナンススタンドがどのくらい便利か知りたい。長く使え...

「足つきの良さ」と「粘り強い低速域」

ホイールは、フロント19インチ、リア16インチのオフロード。

フルサイズのオフロードバイク(フロント21インチ、リア18インチ)に比べると、足つきがとっても良く、初心者や女性にもオススメできます。

また、CRF125Fは、高速でかっ飛ばすというよりも、デロデロと低速域で進んでいくことが得意

GAO RIDER

低速トルクがモリモリで、アクセルを思いっきり開けても、不本意にすっ飛んでいくようなことがなく、とても扱いやすいバイクです。

【オフロードバイク乗り必見】トランポで大活躍!おすすめの便利カスタム10選
【オフロードバイク乗り必見】トランポで大活躍!おすすめの便利カスタム10選 トランポの使い勝手が良くなるカスタムを知りたいバイクの休憩時に役立つトランポグッズが知りたいトランポに積んでおくと捗るアイテムが知り...

セルスターター、キックの両方が付いている

CRF125Fは、セルスターターとキックスターターの両方が付いています。

  • バッテリーを温存したときは、キックで始動
  • 難所で体力を温存したいときは、セルで始動
GAO RIDER

エンストした際に毎回キックスタートは、なかなかシンドイ。

状況によって使い分けることが可能。

バッテリーもリチウムイオンバッテリーに変更すれば、さらに軽量化することが可能。

リチウムイオンバッテリー
【SYORAI製】バイク用リチウムイオンバッテリーを買ったのでレビュー 軽くて性能が高いと言われているリチウムイオンバッテリー。 現在は、携帯電話や電動工具など様々な電気用品に使われていますね。 ...

販売価格が安い

なんと、税込 346,500円。

新車で買えて、乗りやすく、バイク性能も高い。今人気急上昇のエンデューロ入門にもオススメです。

GAO RIDER

CRF125Fはリセールバリューが良いです。フルサイズレーサーに乗るための入門用として、購入するにはオススメの車両です。

フルサイズレーサーに比べて 車体が小さい

車体が小さいということは、ホイールベースが短いということ。

ホイールベースが短ければ、林道でのUターンが楽だったり、難所での取り回しが楽。

GAO RIDER

車体の取り回しを覚えるには小さいバイクがオススメ。フルサイズで練習すると、重たくて、大きくて嫌になることも。。。

そして、CRF125Fは、レーサーのため、基本的にトランポでの移動となります。

CRF125Fは、ヴォクシーやステップワゴンでも積み込むことが可能。

ハイエースやキャラバンでなくても、レーサーを楽しくことができます。

【トランポユーザー必見】バイク用ラダーレール|おすすめランキング厳選5選【4つの選ぶポイントを徹底解説】 しか先輩 トランポを手に入れたから オススメのラダーレールを知りたい使っていたラダーレールが壊れたから良いものに買い替えたい使い勝手の...

CRF125Fのデメリット

燃料タンクが小さい(3.7L)

レーサーのため、燃料タンクが小さく、3.7L。

もともと4ストローク 125CCのため、2ストロークレーサーよりも燃費は良いですが、林道で遊ぶには予備のガソリンが必要。

丸一日、林道で遊ぶには追加で2Lくらい持っておくと安心ですね。

高速域では ちょっとパワー不足

250CCのバイクや、同クラスの2ストロークバイクに比べると、どうしても加速力は劣ります。

壁のようなヒルクライムをバンバン登りたいとか、モトクロスコースでジャンプしたいとか、そういった用途には向きません。

GAO RIDER

しかし、それは逆に扱いやすいパワーであるということ。250CCのフルサイズレーサーは、アクセルを捻れば、フロントが浮き上がるパワーがあります。

まったくの初心者が扱うには、オーバースペックなこともあります。

enduro-空調服
【検証】エンデューロに空調服は必要か!?|真夏のオフ車を舐めてはいけない 最近、エンデューロやる人が空調服を着てるけど実際どうなの?!空調服をバイクに使う魅力が知りたいバイクで使えるオススメの空調服が知りた...

公道を走るにはちょっとカスタムが必要

CRF125Fは、基本的に公道走行ができません。

GAO RIDER

しかし、排気量は125CC。これがポイント。

もし公道走行したい場合は、排気量に着目して調べてみると、何かヒントが見つかるかもしれません。

CRF125Fにまず最初につけた方がいいオススメのパーツ

ビートストッパー(リムストッパー)

オフロード走行をする際には、タイヤの接地面を増やすために、空気圧を落として走ります。

ビートストッパーは、空気圧を落とした時にタイヤがリムから外れるのを防いでくれます。

オフロードバイクに乗るのであれば、必ず付けましょう。

オフロードバイクはタイヤの空気圧が超重要|空気圧の目安を詳しく解説 林道を走る時の空気圧の目安が知りたいいつでも同じ空気圧でいいの?空気圧を落とすメリット・デメリットが知りたい そんな悩みを持...

アンダーガード

純正の状態でもアンダーガードは装備されているが、サイドの守りが少々不安。

エンジン下は岩や倒木にぶつけることが多い。

そして、特にセルモータが危険。

鋭利な石にセルモーターをぶつけた場合は、なかなかお財布痛い金額が飛んでいくので、社外品に変えることをお勧めします。

ハンドガード

オフロードバイクは転倒する可能性が高いため、転んだ時にレバーを折る確率が高い。

これを守ってくれるのがハンドガード。

オススメは、ZETA のハンドガード。軽くて、ちょっとやそっとじゃ曲がらない高強度。

GAO RIDER

安いハンドガードは、一発で曲がって使えなくなるので注意。

バイクを乗り換えても、付け替えが可能なため、しっかりとしたものを使いましょう。

オフロードバイク ハンドガード
オフロードバイクのハンドガード【オススメの取り付け方法】・そもそもハンドガードは必要なの? ・ハンドガードを見ると色々種類があるけど、どれを選んだらいいの? ・オススメのハンドガードを知り...

CRF125Fのまとめ

これから林道を攻めたり、エンデューロレースに出たいと思っているあなたに、CRF125Fは間違いなく、お勧めできるバイクの一台。

オフロードバイクは、うまく走れた感覚を何度も体に覚えさせて上手くなっていくもの。

GAO RIDER

上達する近道は、やりたいことができる性能を持ったバイクで練習すること。

このCRF125Fは、そういった意味で、ライダーを成長させてくれるバイクと言えます。