オフロードバイクのハンドガード【オススメの取り付け方法】

オフロードバイク ハンドガードオフロードバイク

オフロードバイクに乗るには必須と言われるハンドガード。

まずは、なぜハンドガードが必要かを解説しながら、たくさん種類があるハンドガードの中から、絶対に外さないオススメのハンドガードを紹介します。

・そもそもハンドガードは必要なの?
・ハンドガードを見ると色々種類があるけど、どれを選んだらいいの?
・オススメのハンドガードを知りたい!

そんな疑問を解決します。

なぜオフロードバイクにハンドガードが必要か?

オフロードバイクはオンロードバイクと違って、舗装されていない路面を走る事から、転倒する可能性が高いものです。

転倒した時に最初にぶつかるのが、一番でっぱっているハンドル。

 

ハンドルの先には、ブレーキレバーと、シフトレバーが付いています。

これが折れるのを防ぐのが一番の目的。

走行中にレバーが折れて、ブレーキやクラッチが使えなくなると場合によっては走行できなくなってしまうかもしれません。

 

楽しくバイクに乗るために、ガード類はしっかりと付けないといけません。

 

オフロードバイクのハンドガードの種類

オフロードバイクのハンドガードは大きく分けて2種類

・クローズエンド
・オープンエンド

それでは、詳しく解説していきましょう。

 

2-1.クローズエンド

ハンドルのグリップエンドとハンドガードが繋がっているタイプ。

防御力が高く、ブレーキレバーやクラッチレバーを守ってくれます。

エンデューロなどの走行に向いているタイプ。

 

2-2.オープンエンド

クローズエンドと違い、ハンドルのグリップエンドと繋がっていないタイプ。

前を走行しているバイクが飛ばした泥や石から手を守ってくれる役割。

特にオフロード系のタイヤは、土や小石を弾き飛ばして進むので、結構な頻度で泥や小石が飛んできます。

これがまた結構痛くて、ありどこが悪いと大怪我します。

 

オフロードバイクのハンドガードの種類

今回は、クローズエンドのハンドガードについて、オススメの取り付け方法を紹介。

クローズエンドのハンドガードと言っても、見た目はほとんど同じですが、実は取り付け方法がが様々で、大きく分けて3種類。

 

・ハンドルの根元に取り付けるタイプ
・ハンドルクランプに取り付けるタイプ
・トップブリッジの横に取り付けるタイプ

 

まず、最初にハンドガード本体を選ばなくてはいけません。

ハンドガードの値段はピンからキリまであり高いものは1万円。

安いものは数千円。

何が違うと言うと、ズバリ耐久性。

 

安いものは安いなりにしか持ちません。

安いものは一回派手に転んだら、思いっきり曲がって使い物にならなくなることも。

 

値段は高いですが、抜群の耐久性と軽さを誇るZETAのハンドガード。

かなりの長い期間使えるので、せっかくオフロードバイクに乗るのであれば、必要経費だと思って取り付けましょう。

オフロードバイクを乗る上で、ガード類をケチってはいけません。

結果的に、あとで高くつきます。

 

それでは、早速取り付け方法について解説していきます。

 

2−1.ハンドルの根元に取り付けるタイプ

一番ポピュラーな取り付け方法。

◼︎メリット
・取り付けが簡単
・オプション品がいらない
◼︎デメリット
・転倒するとハンドガードが回転し、アクセルワイヤー やブレーキホースを破損させる可能性がある。
・安物だと粗悪品があるため注意

 

3種類の中で一番オーソドックスでポピュラーな取り付け方法。

 

ハンドガードを買うと、大体、取り付け部分も含めて全部ついてくるので、追加で買うものがない。

 

しかし、転倒した時にハンドガードがアクセルワイヤー やブレーキホースを巻き込んで、破損させる可能性があるので、取り付けの際は、しっかりと取り付けましょう。

あまりにも安いものは、ハンドガード自体の耐久性がないため、物によっては一回の転倒で思いっきり曲がって、叩いて戻す時に折れるなんてことも。

もともとバイクを守るためのガードなので、しっかりしたハンドガードを選ぶことをお勧めします。

 

>>ハンドルの根元に取り付けるタイプのハンドガードのレビューをみる

 

2−2.ハンドルクランプに取り付けるタイプ

一番おすすめなのが、ハンドルクランプと一体に取り付けるハンドガードマウント バークランプタイプ。

 

ハンドガード本体に追加でつけるオプション品。
それでは、メリットとデメリットを解説します。

◼︎メリット
・3種類ある取り付け方法の中で、もっとも頑丈
・アクセルワイヤーやブレーキホースの取り回しを気にせずに装着できる
・見た目がカッコイイ
◼︎デメリット
・ハンドガードと別に追加で買う必要がある
・本体の費用が高め
・頑丈に取り付くため、大転倒するとダメージがモロにハンドルに伝わる。

クランプに取り付けるタイプの最大のメリットは、ハンドルクランプに取り付けているため、転倒してハンドガードが動きません。

ハンドル自体に取り付けているタイプは、転倒してハンドガードが地面にぶつかった衝撃で、ハンドガードが上や下に動いてしまうことがあります。

ぶつかった衝撃が逃げるので、ハンドル自体にダメージは少ないですが、回った方向によっては、ブレーキホースやアクセルワイヤーを巻き込んでしまいます。

どちらも切れたりすると、走行できなくなる部分のため、注意が必要。

これらの心配がないのが、おすすめする最大の理由。

 

>>ハンドルクランプに取り付けるタイプのハンドガードのレビューをみる

2−3.トップブリッジの横に取り付けるタイプ

次におすすめするのがトップブリッジの横に取り付けるタイプ。

ハンドルクランプに取り付けるタイプよりも安価。

◼︎メリット
・ハンドルに取り付けるタイプよりも頑丈で、転倒しても動かない
・アクセルワイヤーやブレーキホースの取り回しを気にせずに装着できる
・見た目がスマート
◼︎デメリット
・ハンドガードと別に追加で買う必要がある
・取り付けにコツがいる
・トップブリッジのボルト部に取り付けるため、大転倒するとダメージがモロにトップブリッジに伝わる。

ハンドルクランプに取り付けるタイプと同じで、転倒してハンドガードが地面にぶつかった衝撃で、ハンドガードが上や下に動くことはないタイプ。

 

ハンドガードが歪んでいると取り付けに苦労する可能性があるため、新品のハンドガードと一緒に買うのがおすすめ。

取り付け穴がうまく合わない場合は、ハンドガードを少し変形させて取り付ける必要があります。

ハンドルクランプに取り付けるタイプよりも安価なため、ハンドガードが回転しないようにしたい場合、コスパが高い商品。

 

>>トップブリッジの横に取り付けるタイプのハンドガードのレビューをみる

 

まとめ

ハンドガードは、バイクを楽しくのるために必要なパーツ。

これを付けないで、レバーを折ってたらその分修理費も嵩んでしまいますし、何より山の中で立ち往生してしまうかもしれません。

安全に安心してオフロードライフを楽しむために、自身にあったタイプのハンドガードを取り付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました