オフロードバイクのメンテナンススタンド【おすすめ3選】

メンテナンススタンド車・バイク

オフロードバイク歴が長い人たちが、みんな持っている「メンテナンススタンド」。

・バイクにはサイドスタンドがついているし、そこまで必要性を感じていないけど、本当に必要なの?
・メンテナンススタンドがどのくらい便利か知りたい。
・メンテナンススタンドのオススメを知りたい。

そんな疑問を解決します。

1.オフロードバイク用のメンテナンススタンドとは?

オフロードバイク用のメンテナンススタンドの用途は大きく2つ。

1−1.バイクのメンテナンスや修理

基本的に、メンテナンススタンドの用途としては、バイクのメンテナンスや修理。

整備する際にバイクが斜めだと整備がしにくい。

そんな問題を解決してくれます。

そして、2本のタイヤが地面から浮くことになるので、様々な整備が楽にできます。

1−2.バイクの駐車のため

一般走行ができるバイクにはサイドスタンドがついていますが、レース専用のバイクにはサイドスタンドが付いていなかったり、オプションだったりすることがあります。

クローズドコースしか走らないレーサーに乗っている場合、バイクを駐車するために、メンテナンススタンドは必須。

実はメンテナンス以外にもこんな使い方があるんです。

 

 

2.オフロードバイク用のメンテナンススタンドが便利な理由

2-1.チェーンのメンテナンスが楽すぎる

メンテナンススタンドを買って、まず最初に恩恵を受けるのが足回りのメンテナンスの時でしょう。

そう、チェーンメンテナンスの時です。

オフロードバイクに乗る際には、乗るたびにチェーンへの注油が必須となります。
(もし、毎回やっていなのであれば、必ずやるようにしましょう。)

タイヤが地面についた状態の場合、見えるところに注油して、バイクを動かして・・・
そんなことを3回、4回繰り返します。

もちろん、注油の前にチェーンの掃除もしないといけない。
考えただけでも面倒くさい。

 

しかし。

メンテナンススタンドがあれば、タイヤが浮いているので、タイヤをクルクルまわしながら楽にメンテナンスができます。

2-2.タイヤ交換には必須

メンテナンススタンドの恩恵は、やはり足回りの整備やカスタムになります。

タイヤ交換となると、当たり前ですがタイヤが浮いていなとできません。

あとで紹介するリフト式のメンテナンススタンドなら、バイクを簡単に浮かせることができるので、タイヤ交換をする準備がすぐにできます。

 

2-3.ハンドル周りの調整、メンテナンス

ハンドル周りの調整はある程度バイクが地面と水平になってないとやりにくいもの。
ハンドルの角度、レバーの角度なんかは、ちょっとした違いでライディングに大きな差が出ます。

スタンドを立ててやると、バイクにまたがってバランスを取りながら整備しないといけなくなり、不意に転倒する危険もあるので注意が必要。

また、ブレーキフルードを交換する際にも水平の方が溢れる可能性が減ります。

ブレーキフルードはブレーキ周り着くと危険ですし、ボディに着くと塗装を剥がしますので、養生をしっかりとして整備をしましょう。

 

3.メンテナンススタンドはどんなバイクにも使えるの?

さて、気になるのが自分のバイクに使えるか。

オフロードバイクのメンテナススタンドを選ぶときの注意点は「最低地上高」。

バイクの最低地上高が低いと、メンテナンススタンド自体がバイクの下に入らず、使い物になりません。

 

もっとも代表的で、作りもしっかりしている「DRC(ディーアールシー) HC2リフトスタンド」

を例に紹介。

DRCのメンテナンススタンドが対応する最低地上高は250-350mm。

バイクが乗る天板の部分を回すことで、250-350mmまで高さを調整することができます。

 

例えばYAMAHAの有名なトレールのセロー250の最低地上高は285mm。

問題なく使用可能。

 

しかし、HONDA CRF250L の最低地上高は245mm。

カタログ上だと使用不可ですね。

 

こんな感じで、自分のバイクが使えるか調べてから選びましょう。

 

※ちなみにこのメンテナススタンドは対応する最低地上高が240-333mm。

 

4.メンテナンススタンドの使い方

使い方は簡単

ここのレバーを足で踏むだけ。

レバーがテコになってバイクを持ち上げてくれます。

 

このため、バイクが上がりきった時に前後のタイヤが浮くいい塩梅に天板を調整しましょう。

上がりすぎても倒れる危険がありますし、逆に下げすぎた状態であげると、タイヤが上がりきらない可能性があります。

 

5.オススメのメンテナンススタンド

それでは早速オススメのメンテナススタンドを紹介。

5-1.DRC HC2リフトスタンド ダンパー式

先ほども紹介したDRCのメンテナンススタンド。

作りがしっかりしていて、持ち上げる時に踏み込むレバーが短くて、上がっている時に足を引っ掛けづらい。

対応する最低地上高:250-350mm
耐荷重:150kg
※ダンパーあり

5-2.toolsisland リフトスタンド ダンパー式 H-01

DRCのリフトスタンドと似た感じのメンテナンススタンド。

見た目はほとんど同じですが、作りがちょっと荒いとのこと。

しかし、DRCの半額で買える事からコスパが高い一品。

対応する最低地上高:250-350mm
耐荷重:150kg
※ダンパーあり

5-3.Apextreme バイクジャッキ

これは最低地上が足りないバイク向けのスタンド。

リフト式ではないため、オンロードバイク にも使えます。

オンロードバイク とオフロードバイクの複数台持ちの方には、両方に使えて便利なメンテナンススタンド。

対応する最低地上高:95-380mmmm
対荷重:500kg

 

6.まとめ

メンテナスがしやすくなる事で、バイクを整備がより楽しくなります。

何より、メンテナンススタンドに乗っているバイクは、何と無くプロっぽく見えるんです。

整備のしやすさ、整備の安全性のためにメンテナンススタンドを導入してみてはいかがでしょうか。

>>メンテナンススタンドのレビューを見る

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました