タイヤ

オフロードバイクにオススメのタイヤ【厳選4選】|用途別まとめ

  • タイヤの交換時期が近づいているから、オススメのタイヤが知りたい
  • 純正タイヤから違う種類のタイヤを履いてみたい
  • おすすめのタイヤを用途別に知りたい

私自身も、オフロードバイクに乗り出しの頃は、どんなタイヤが良いのか全然わかりませんでした。

そこで、今回は初心者にも分かりやすいように、オススメのタイヤを用途別に紹介します。

この記事を書いている私は

バイク歴  :14
オフロード歴:4年(
レース出場:3回 入賞2回)

本記事で紹介するタイヤを用途に応じて選べば、オフロードバイクがさらに楽しくなります。

オススメのオフロードバイク用タイヤ 用途別一覧表

オススメのオフロードバイク用のタイヤを、用途に応じて、まとめました。

オフロードバイクのタイヤは、走るシチュエーションによって、「得意・不得意」があります。

タイヤIRC ツーリストVE33Six-09W GEKKOTA
アナキーワイルド
タイヤ名TR-011 ツーリストVE33s GEKKOTAix-09 GEKKOTAアナキーワイルド
メーカーIRC
(井上ゴム工業)
IRC
(井上ゴム工業)
IRC
(井上ゴム工業)
Michelin
(ミシュラン)
フラット林道でのグリップ
岩場でのグリップ
根っこでのグリップ
水を含んだ土でのグリップ
タイヤの寿命
公道走行
口コミを見る口コミを見る口コミを見る口コミを見る

タイヤを選ぶ時の目安にしてみてください。

最初の一本|自走最強タイヤ TR-011 TOURIST(ツーリスト)

純正タイヤから、別のタイヤに履き替えてみたいと考えてる人は、まずは「IRC TR-011 TOURIST(ツーリスト)」がオススメ。

ツーリストは、オフロードタイヤの中でも、グリップ力、タイヤの寿命のトータルバランスが優れているタイヤ。

公道走行も可能で、トランポを使わない「自走ライダー」にもオススメです。

IRC ツーリスト|自走派にオススメのオフロードタイヤ【林道最強】 自走最強タイヤと言われる『IRC TRAIL WINNER TR-011 TOURIST』(通称:ツーリスト)。 ツーリストは、...

◆IRC TR-011 TOURIST(ツーリスト)の空気圧(林道編)

フロントタイヤ: 0.6 kgf/cm2

リアタイヤ : 0.4 kgf/cm2

空気圧を落とすことで、タイヤの設置面が広くなり、高いグリップ性能を発揮します。

>【必読】林道ツーリングに一人で行くと、死にかける話

一皮剥けたい貴方に|IRC VE33s GEKKOTA

IRC ツーリストも履いたことがあり、さらにオフロードバイクをステップアップしたい人に、オススメするのが、VE33s GEKKOTA。

VE33s GEKKOTAは、ハイスピードにも対応した競技用ハイグリップタイヤ。タイヤ自体の寿命が短い代わりに、オフロード走行でのグリップ力はピカイチです。

タイヤのブロックが高いため、ツーリストの泣きどころである「水を含んだ泥の路面」でもグリップします。

VE33S GEKKOTA
VE33S GEKKOTAの実力を徹底解説 |マディ・ハイスピードの両刀使い【インプレ】 オフロードバイクのタイヤってどれを履いたらいいか分からない迷ったら『VE』って聞くけど、VE33s GEKKOTA(ゲコタ)はどうなの...

VE33s GEKKOTA を選ぶときの注意点

「VE33s GEKKOTA」 と似たタイヤに「VE33」というタイヤがあります。

それぞれの違いを簡単に説明すると以下のとおり。

  • VE33s GEKKOTA :ブロックが柔らかく、難所向き
  • VE33 : ブロックが硬めで、ハイスピード走行向き

    ※寿命 … VE33 > VE33s GEKKOTA

玄人向きのグリップ最強タイヤ|IRC IX09W GEKKOTA(09ゲコタ)

ix-09W GEKKOTA

IRC IX09W GEKKOTA(09ゲコタ)は、タイヤの寿命なんて無視。グリップこそが全てだ!そんな玄人向きのタイヤです。

触ると分かりますが、指でつまんでネジれるほど柔らかいタイヤブロックが、異次元のグリップを発揮します。

ブロックだけだなく、サイドウォール(タイヤの横の部分)も柔らかいことから、空気を抜くことで、タイヤ全体で路面に対しグリップさせることができます。

GAO RIDER

VE33s GEKKOTA よりも、比べ物にならないくらいブロックが柔らかい。

岩場や泥、根っこなどのシチュエーションでも、難なくバイクを押し進めてくれます。

ハードエンデューロなど使用されることが多く、山遊びをする場合でも難所系にオススメです。

【インプレ】ix09W GEKKOTA(ゲコタ) はエンデューロ最強!ガミータイヤの王様を5本履いた徹底レビュー! 鹿先輩 レースで勝てるオフロードバイクのタイヤが知りたい難所でハマらないオフロードバイクのタイヤが知りたいix-09W GEKKOTA...

IRC IX09W GEKKOTA(09ゲコタ)は、とにかくグリップ力が抜群なので、林道で「ゲロアタック」する人たちには人気のタイヤです。

フラット林道を走り込むような用途にはあまり適しません。(すぐにタイヤが無くなっちゃう)

一般道のツーリングもしたい|ANAKEE WILD(アナキーワイルド )

アナキーワイルド

オンロードツーリングをメインにしながら、たまに林道に行きたい人にオススメなのが、ANAKEE WILD(アナキーワイルド)。

オンロードでも乗りやすいように、振動に配慮したコンパウンドと、オフロード性能も確保したブロックパターン。

一般道をツーリングしながら、フラット林道を爽やかに走る。そんな用途にバッチリなタイヤです。

サイズ展開も豊富。

アナキーワイルド タイヤサイズ

サイズの目安として、リア18インチの250CCのオフロードバイクでは、「130/80-18 66S」でOK。

タイヤの作りが幅広なため、130/80を選択しても問題ありません。

オフロードバイク用のタイヤは大きく分けて2種類

オフロードバイクのタイヤは、チューブホイール用と、チューブレスホイール用の2種類があります。

タイヤの種類
  • フロントタイヤ : チューブタイヤ
  • リアタイヤ : チューブレスタイヤ or チューブタイヤ

チューブタイヤの場合で、空気圧を落として走る場合には、必ずビートストッパーをつけましょう。

ビードストッパー(リムロック)とは

空気圧を落としたことで、ホイールからタイヤが外れることを防ぐパーツ。オフロードバイクで林道を走るには、必ず必要なカスタムです。

オフロードバイクにオススメのタイヤ|まとめ

オフロードバイク用のタイヤを用途別に、厳選して4つ紹介しました。性能をおさらいしてみましょう。

タイヤIRC ツーリストVE33Six-09W GEKKOTA
アナキーワイルド
タイヤ名TR-011 ツーリストVE33s GEKKOTAix-09 GEKKOTAアナキーワイルド
メーカーIRC
(井上ゴム工業)
IRC
(井上ゴム工業)
IRC
(井上ゴム工業)
Michelin
(ミシュラン)
フラット林道でのグリップ
岩場でのグリップ
根っこでのグリップ
水を含んだ土でのグリップ
タイヤの寿命
公道走行
口コミを見る口コミを見る口コミを見る口コミを見る

用途別のオススメのタイヤ
  • 林道を楽しみながら走りたい : IRC TR-011 TOURIST(ツーリスト)
  • ツーリストの次のステップのタイヤ: VE33s GEKKOTA
  • グリップ性能が命 : IRC IX09W GEKKOTA
  • オンロードメインでオフロードも楽しみたい : アナキーワイルド

オフロードバイクのタイヤは、車体以上に重要。どんなにバイクが良くても、タイヤがシチュエーションに合ってなければ、バイクを前に進めることができません。

本記事を参考に、タイヤ選びをしてみてください。

>>Amazon でオススメのタイヤの口コミを見る

>>オフロードバイク初心者におすすめ!「林道に持っていくと捗るアイテム」

>>オフロードバイクのヘルメット【リード工業 AIACE(アイアス)レビュー】

>>オフロードバイクのヘルメット【おすすめ5選】これさえ選べば間違いない!

>>海外メーカ(Airoh)のオフロードヘルメットのサイズ感