IRC ツーリスト【タイヤのインプレッション】|自走最強の林道タイヤ!

オフロードバイク

・IRC ツーリストを履いてみたいけど、林道で実際使ってみてどう?

・IRC ツーリストはオンロードでも使える?

そんな悩みを解決します。

 

もし、オフロードバイクに乗っていて、このタイヤを知らなかったあなたは、これから林道に行くのが楽しくてたまらなくなること間違いなし。

 

この記事では

・IRCツーリストがなぜ自走最強のタイヤか
・IRCツーリストがどんなタイヤか
・IRCツーリストはどんな部分がオススメか
・IRCツーリストのオススメできない部分
を紹介します。

4年間、みっちりオフロードバイクに乗っている私が、IRC ツーリストのメリット、デメリットを紹介します。

 

この記事を読めば、ツーリストの特性がわかり、IRC ツーリストを履きたくなる事、間違いなし

 

IRC ツーリストってどんなタイヤ?

IRCツーリストはどんなタイヤかと言うと

・TR-011というトライアルタイヤを、公道使用に対応させたタイヤ
・林道も公道も両方いける「林道まで自走でいく人向きの最強タイヤ」

 

 

なぜこのタイヤが自走最強かというと

・公道使用可能で、公道でのグリップは申し分ない
・林道ではオールマイティーに使える(岩場は最強)
・タイヤ自体のライフが長い

 

こんな理由から、コスパが良い、公道使用可能なオフロードタイヤなため、大人気なんです。

 

 

【IRC ツーリストの基本情報】

  正式名称:TRIAL WINNER TR-011 TOURIST 

  メーカー:IRC TIRE(井上ゴム工業株式会社)

  ※1926年設立の二輪車用タイヤ・チューブの専門メーカー

  公道使用:可

  適合ホイールタイプ:チューブレスタイヤ、チューブタイヤ どちらも可

  タイヤサイズ:2.75-21 45P(21インチ用)、4.00-18 64P(18インチ用)

  

IRC ツーリストのインプレ|IRC ツーリストをおすすめする人

このタイヤをおすすめする人は

林道の割合50%以上の人。

この割合は走行距離というわけではなく、楽しみたい割合と考えましょう。

 

つまり、自分が楽しみたい割合が

「公道よりも林道の方が、ウエイトが大きいよ」

なんてあなたにはもちろんおすすめな訳です。

 

このタイヤの名前まで辿り着いているということは、もう林道大好きですよね?

>オフロードバイク初心者におすすめ!「林道に持っていくと捗るアイテム」

IRC ツーリストのインプレ|IRC ツーリストのメリット

先ほども紹介しましたが、メリットは以下の通り。

・公道使用可能で、公道でのグリップは申し分ない
・林道ではオールマイティーに使える(岩場は最強)
・タイヤ自体のライフが長い

解説していきます。

 

・公道使用可能で、公道でのグリップは問題なし

ツーリストはTR-011というトライアルタイヤを公道使用に対応させたタイヤです。

つまり、ベースは岩場を登ること前提としたタイヤ

 

アスファルトも岩の類であることから、タイヤのブロックとの相性は悪くありません。

 

ただし、公道では空気圧に注意。

空気圧は入れすぎず、0.9~1.0kgf/㎠ 程度がおすすめ。

 

オンロードのツーリングで色々試しましたが、このくらいが一番安定して走れます。

>バイクツーリングの持ち物を減らしたくない?|ツーリングを快適にする、最強の○○!

 

・岩場最強で、林道ではオールマイティー

公道使用可能にも関わらず、なぜこのタイヤが多くのオフロードライダーに愛用されているか。

その秘密はサイドブロックの強度にあります。

 

真ん中は柔らかいゴムで、地面を捉えて

サイドの硬いブロックで、地面を掻く。

この組み合わせが林道でのパフォーマンスを上げてくれます。

純正タイヤから履き替えると、びっくりするくらいグリップします。

 

忘れてはいけない、岩場。

トライアルタイヤをベースにしているということから、グリップは抜群です。

滑ると思ってビビってると、いきなりグリップしてバイクが前にすっ飛んでいきます。

 

林道での空気圧のオススメは「0. 25~0.5kgf/㎠ 程度」。

 

・タイヤ自体のライフが長い

林道でグリップ力を発揮するタイヤには

・VE33シリーズ
・ix09シリーズ
・540DC
・AC10

などがあります。

 

グリップ力とは引き換えにライフが犠牲になります。

この手のガミータイヤは、アスファルト面だけ走ったら500kmも走ればツルツルです。

それに引き換え、IRCツーリストは林道で遊ぶ程度なら、3000kmくらいは使えます。

>>オフロードバイクにおすすめのタイヤ4選!【用途別まとめ】

IRC ツーリストのインプレ|IRC ツーリストのデメリット

もちろん、デメリットもあります。

 

・タイヤデザインに好き嫌いが別れる
・高速走行には向かない
・ぐちゃぐちゃの泥(マディ)ではグリップしない

 

・タイヤのデザインに好き嫌いが別れる

ツーリストは、四角いブロックが規則的に並べてあるタイヤ。

オフロードバイクというと、タイヤがゴツゴツしているイメージが一般的。

このイメージを持っていると、のっぺりしたタイヤが気になる場合も。

 

・高速走行には向かない

なぜかというと、高速走行ではタイヤがヨレる。

林道を楽しむ度合いが50%以上の人にオススメしていることから、オンロードメインには不向きなのが事実。

 

オフロードバイクをスタイルで乗りたい場合は、避けましょう。

 

・ぐちゃぐちゃの泥(マディ)ではグリップしない

水分を思いっきり含んだ泥の場所を苦手とするタイヤ。

その理由は、消しゴムのようなブロックとブロックの間に、泥が詰まるから。

泥が詰まった結果、スリックタイヤになり、グリップ力が思いっきり低下します。

>【必読】林道ツーリングに一人で行くと、死にかける話

 

IRC ツーリストのインプレ|IRC ツーリストは自走最強タイヤ

IRC ツーリストは、間違いなく林道まで自走でいく人にとって「最強のタイヤ」です。

 

IRCツーリストが オススメの人を おさらいします。

・林道を楽しみたい気持ちが、オンロードとの比率で50%以上の人は迷わず買い
・グリップ力とライフを両立させたい
・ぐちゃぐちゃの場所はあんまり行かない
・岩場で滑るのが嫌だ
・トライアルタイヤのデザインが好き

 

 

林道に行き出していて、タイヤ交換の時期に来てる人は、試しに履いてみるか。

くらいの気持ちで履いてみてOK。

 

もちろん、フロント(21インチ)とリア(18インチ)の両方がラインナップされています。出ています。

あれ?上手くなった?って錯覚するタイヤですよ。

 


 

 

タイトルとURLをコピーしました