【検証】エンデューロに空調服は必要か!?|真夏のオフ車を舐めてはいけない

enduro-空調服オフロードバイク
今回のお悩み相談
  • 最近、エンデューロやる人が空調服を着てるけど実際どうなの?!
  • 空調服をバイクに使う魅力が知りたい
  • おすすめの空調服が知りたい

オフ車でエンデューロの世界に足を突っ込むと、「仕上がる」という場面に何度も直面するはず。

そのつど、「もう帰りたい」と頭をよぎった人も少なくはないはずです。

昔に比べて猛暑日が増えた近年、今のまま、バイクに乗り続けると、本当に家に帰れなくなるかもしれません。

ここ数年で、オフロードバイクに乗る日が空調服を着ている場面を見かけるのが多くなりました。

今回は、実際に着てみないと分からない『空調服』の快適さを、なるべく伝わるように解説したいと思います。

この記事を読んで空調服の快適さを知れば、真夏にくっそ暑い中でも楽しくバイクに乗ることができます!

1.空調服が必須の時代?! 最近の夏は異常!

最近の夏は死ぬほど暑く、空調服無しで長袖、長ズボンが必須のオフ車乗りとしては、空調服なしでは生きていけない体になってきました。

原因は諸説ありますが、夏の暑さが刻々と厳しくなっているのは事実。

どのくらい熱くなっているかというと、こんな感じ。

引用:気象庁HP

最高気温が上昇するだけではなく、真夏日、猛暑日の回数も増えているのです。

近年の夏は、河童の頭の皿が瞬殺で乾くレベルです。

2.【瀕死覚悟】真夏のエンデューロはリアルサバイバル

エンデューロや林道のアタックは、モータースポーツの中でも、かなり過激な部類。

時にはバイクを押し、時には100kg近い車体を引き起こすなど、『乗ってるより押してる時間のが長いんじゃないか!?』

ってくらい、体力と筋力を使います。

こんか過酷な状態にもかかわらず、真夏に

  • 長袖、長ズボン
  • 全身プロテクター
  • ヘルメット

夏では自殺行為とも思える格好でバイクに乗るわけです。

これをサバイバルと言わずになんという。

つまり、何かしら対策をしなければ、熱中症になるのは必然というわけです。

3.空調服はオフロードバイク乗りの救世主

空調服

猛暑日が多い今般、空調服はエンデューロを楽しみたいオフ車乗りにとって、間違いなく救世主となりました。

安全を確保するために、装備や着るものを簡素にできません。

できる対応策とすると、沢があるときは、川に飛び込むくらいでした

空調服であれば、首元に風を当て続けることができ、体は空気が循環し、ずっと扇風機に当たっている状態。

一度使うと、二度と空調服なしは夏のエンデューロは走れなくなります。

4.おしゃれライダー必見!オススメの空調服はバートル【デザイン・機能が最高!】

オススメする空調服はエアークラフトのバートル。

  • 普段使い可能な、かっこいい(おしゃれ)なデザイン
  • 高出力13Vの爆風

エンデューロでの使い方としては、仕上がった時に爆風で体を冷やす必要があります。

バートル の空調服の風量は、空調服界でもトップクラス。

風量に不足はありません。

そして、なんといっても、オシャレ、オシャレすぎる!

どうしてこうも男心をくすぐるデザインで毎年ラインナップしてくるのか・・・


最新の2021年モデルは空調服のデザインも一新し、ファンもよりかっこよくなりました!

すでに、売り切れの予感がムンムンです。

5.気温が上がると品薄に!【売り切れ続出!】

エアークラフトのバートルは、一日でも真夏日になると一気に売り切れが続出します。

その理由は、もともと空調服は屋外で作業をする人向けの仕事。

建設現場、農業、誘導員さんなど、様々な職種で、いまや無くてはならない夏のマストアイテムなんです。

このため、な真夏日を観測した日の夕方から、需要が一気に伸び、ホームセンターやワークマンで品切れが続出します。

つまり、暑くなる前に購入しないと買えなくなるわけです。

バートルは豊富なデザインやカラーがラインナップされています。

欲しい色やデザインの服を買いたい場合は、早めに購入しましょう!

6.まとめ エンデューロに空調服は必要か!?

夏もエンデューロを楽しみたいライダーに向けて、空調服を紹介しました。

エンデューロこそ、空調服が必要なスポーツなわけです。

ポイントをおさらいすると

  • 真夏日、猛暑日が年々増えている
  • エンデューロはサバイバル(夏をなめてかかると確実に仕上がる)
  • エンデューロに空調服は必アイテム
  • おしゃれでハイパワーのエアークラフト バートルがオススメ
  • 熱くなるとすぐに売り切れる

今年の夏も熱くなる予報。

空調服で快適に夏のエンデューロを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました