トランポ

【コスパ最強】車中泊・ソロ、デュオキャンプ最強|オススメのポータブル電源【厳選3選】

【コスパ最強】車中泊・ソロ、デュオキャンプ最強|オススメのポータブル電源【厳選3選】

【今回のお悩み相談】
  • 価格が安いおすすめのポータブル電源が知りたい
  • キャンプ、車中泊におすすめのポータブル電源が知りたい
  • ポータブル電源を初めて買うけど、容量はどのくらいがおすすめか知りたい


キャンプ、車中泊、そして防災用品として人気のポータブル電源。

価格帯は2万円~数十万までと高価なため、用途にあった容量を選ばないと、「こんなはずじゃなかった!」なんてことにも。

私はトランポでの車中泊や、キャンプ等にポータブル電源を使っています。

この記事では、初めてポータブル電源を購入しようとしている、あなたにとって、どのくらいの容量があれば、楽しいポータブル電源ライフが送れるのか。

さらに、必要以上のスペックにならないよう、初めて購入するのに、ちょうど良いコスパ最強のポータブル電源を紹介します。

この記事を読めば、あなたに合うコスパ最強のポータブル電源を見つけることができます。

1.ポータブル電源で使いたい電子機器を考えてみよう

ポータブル電源で一番大切なことは、「ポータブル電源で何を、どのくらいの時間、使いたいか」

ポータブル電源でよく使われる電子機器を一覧にしてみました。


  • 電気毛布
  • 扇風機
  • スマホ
  • パソコン
  • タブレット
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • ホットカーペット
  • 電気毛布

電子レンジ、オーブントースターなどを使いたい場合には、大容量のポータブル電源が必要になります。

しかし、電気毛布、扇風機、携帯充電、パソコン程度なら、300Wh程度の低価格帯のポータブル電源で十分対応可能です。

2.ポータブル電源でどのくらいの時間、電子機器を使いたいか

ポータブル電源の容量は「Wh(ワットアワー)」で表記されています。

ポータブル電源で使いたい電子機器の消費電力×時間が、使いたいポータブル電源で足りているかを確かめます。

分かりにくいので、簡単な例を紹介します。

低価格帯で最もおすすめの「EcoFlow RIVER (エコフロー リバー)」は「288Wh」。

どのくらいの電子機器が使えるか計算してみましょう。

単純に計算すると、288Wの電子機器×1時間使用=288Whということになります。

電気毛布は一般的には40W程度なので、7.2時間使えることになります。

このように、使いたい電子機器が、どのくらい消費電力で、どのくらいの時間使うかを想定することで、ポータブル電源の容量が決まります。

3.ポータブル電源を使いたい状況を考える

ここまで、

  • 使いたい電子機器の消費電力
  • 電子機器(家電)をどのくらいの時間使いたいか

を考えてきました。

最後に重要なのが「使う状況」です。

例えば、

  • 泊2日の車中泊、真冬の1泊2日のソロ・デュオキャンプ、連泊の車中泊(移動あり)
  • 連泊のキャンプ、真冬の電源サイト以外のファミリーキャンプ
  • キャンプ、車中泊で電子レンジ、トースターを使いたい

1泊2日の車中泊、真夏・真冬の1泊2日のソロ・デュオキャンプであれば、扇風機や電気毛布、スマホやカメラの充電程度で問題ありません。

そして、移動しながらの連泊の車中泊においても、移動中に車から充電すれば、1泊2日と変わりません。

低価格帯のポータブル電源でも、1泊2日の車中泊、真夏・真冬の1泊2日のソロ・デュオキャンプ、連泊の車中泊(移動あり)であれば、十分対応することができます。

4.低価格帯のコスパ最強のポータブル電源 厳選3選【5万円以下】

それでは、さっそく低価格帯のコスパ最強のポータブル電源を厳選して3つ紹介します。

この中から選べば、1泊2日の車中泊、ソロ・デュオキャンプを十分楽しむことができます。

4−1.EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max

まず最初に紹介するのが『EcoFlow RIVER Max』

容量:576Wh

定格出力:600W(ポータブル電源が安定して供給し続けられる電力の量)

特徴:1時間で80%のチャージができる高速充電、X-Boost機能で1200Wの電力を供給可能

エコフロー リバーMAXの最大の特徴は、X-Boost機能です。

X-Boost機能を簡単に説明すると、600Wの定格出力を超えて1200Wまでの家電製品などを、出力600Wまで能力を落として使えるようにできる機能です。

例えば、電子レンジやドライヤーなど800W~1000Wを使用した場合。

ドライヤー:風量が少し弱め

電子レンジ:温め時間が少し長め

X-Boost機能があるおかげで、定格出力600Wで使えるはずのない家電製品が使用可能になります。

本来であれば定格出力を超えた家電製品は使用すらできませんが、エコフロー リバーMAXであれば、能力は多少落ちますが、使用することができるのです。

車中泊、ソロ・デュオキャンプにはもってこいのポータブル電源です。

4−2.Anker PowerHouse II 800 

次に紹介するのが、Anker PowerHouse II 800(アンカー パワーハウスⅡ 800)です。

容量:778Wh

定格出力:500W(ポータブル電源が安定して供給し続けられる電力の量)

特徴:11個の出力ポート

モバイルバッテリーでおなじみのAnker製のポータブル電源、Anker PowerHouse II 800(アンカー パワーハウスⅡ 800)。

11個の出力ポートがあり、スマホ、パソコン(MAC BOOKなど)、タブレット(ipadなど)、モバイルバッテリー、GOPROだけでなくACコンセント、シガーソケットなどから様々な方法で充電が可能です。

ポータブル電源に大きな出力があっても、供給できるポートがなければ、フルに活用できません。

アンカー パワーハウスⅡ 800であれば、そんな悩みとは無縁なほどポートが標準装備されているため、どんな電子機器や家電製品にも対応した使い方ができます。

4−3.Jackery 708

容量:708Wh

定格出力:500W(ポータブル電源が安定して供給し続けられる電力の量)

特徴:ポタ電といったらジャックリーといっていいほどの安心ブランド

ポータブル電源に詳しくなくても、Jackery(ジャクリ)は知っているというほどの知名度。

そのブランド力から、サポートや使い方、レビューまでインターネットに情報があふれているため、安心して使うことができます。

正統派のポータブル電源のため、これといった特徴はありませんが、決して安くはない買い物なため、ぜったいに間違いたくないという人には、とてもおすすめのポータブル電源です。

5.車中泊、ソロ・デュオキャンプには定格出力600W、容量700Wh程度がコスパ最強!

車中泊、ソロ・デュオキャンプにおすすめのポータブル電源を紹介しました。

チェックポイント

1.ポータブル電源で使いたい電子機器、家電製品は?

2.ポータブル電源でどのくらいの時間、電子機器、家電製品を使いたいか

3.ポータブル電源を使いたい状況は?

これらを考えてみましょう。

あんまり想定がつかない!

なんて人で、車中泊、キャンプのソロ・デュオ(2人)であれば、『EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max』 を買っておけば間違いないでしょう。

容量:576Wh

定格出力:600W(ポータブル電源が安定して供給し続けられる電力の量)

特徴:1時間で80%のチャージができる高速充電、X-Boost機能で1200Wの電力を供給可能

エコフローリバーMAXで快適な車中泊、キャンプを楽しんでください!